肌は夏に疲れる?夏の終わりに試したい肌を育む方法

こんにちは!

ダイアモンドスキンを育む

育肌セラピスト 古川幸子です。

 

 

 

 

______________

さて、夏が終わりに近づくとよく耳にする

のが、

「肌の夏疲れ対策」

「枯れ肌は秋に持ち越すな!」

などの夏の肌疲れに関する言葉です。

 

 

 

夏は紫外線や、エアコンによる乾燥、

過剰にでる汗、皮脂により

肌が疲れやすいので、しっかりケアしましょう

ということなのですが、、、

(私個人としては、日焼止めを普段

よりしっかり塗る季節なので

肌が疲れるのではと感じています)

 

 

 

 

その方法として一般的に推奨されているのが

 

 

・蒸しタオルによる血行促進

・コットンパックによる水分補給

・ピーリングによる角質除去

 

 

などです。

 

 

 

実は私があまりお勧めしていない方法

ばかりです。

 

 

 

その代替案として私がお伝えしたい

3つの夏肌疲れアイテムがあります。

 

 

 

 

・血行促進のための、ヘナ

・水分補給のための甘酒

・角質除去のためのココナッツオイル

です。

 

 

 

 

ヘナ

ヘナは、毛染めをするものだと

お考えの方が多いようです。

 

 

 

頭皮のデトックスに私は

定期的に自分で塗布しています。

 

 

老廃物がデトックスされるので、

お顔の血行が促進されます。

 

 

 

シラミの再発防止にもなるし、頭皮の毛穴が

ヘナにより引き締まるのでお顔の毛穴も

引き締まります。

 

 

 

私はヘナの専門家ではないですが、

個人的にヘナ後に感じることがあります。

 

・ヘナをすると、余計な邪念が払われて

思考がすっきりする

 

・むくみがとれて小顔になる

 

・極度にリラックスして眠くなる

 

 

夏は特に「ヘナしたいな~」と思う頻度が

多いように思います。

 

 

 

甘酒

 

腸の乱れは、肌にものすごく影響します。

腸が乱れ、肌の代謝に必要な栄養が

血液中にまわらなければ、当然肌の

水分を保持する力も落ちます。

夏は冷たいものばかり摂りがちですし、

 

栄養も偏ります。

 

 

 

肌の代謝にかかせないビタミンB群を

しっかり摂れて、発酵によるパワーで

腸を助けてくれる甘酒は本当に頼りになります。

夏こそ甘酒は必須です!

 

 

 

製氷機などで小さく一つずつ凍らせて

おくと、スムージーに入れたり、

パクっと食べれたり、

 

 

 

煮物に少しずつ使えたり、

と便利ですよ。

 

 

 

 

ココナッツオイル

ココナッツオイルは、日焼けして痛くなった

肌の消炎、髪の毛のフケがが気になる時の

対策として使ったりしますが、

いらない角質を除去してくれる作用も

あります。

 

 

 

 

 

ピーリングなどの強すぎる角質除去は

とりすぎてしまい、角質の過剰生成を

促しかねません。

 

 

 

 

イメージでいうと、崖から突き落とす

のではなく、崖にはしごをかける

程度のサポート。(笑)

 

 

 

 

ただ、甘い匂いが苦手な方もいますので、

匂いの少ないものを選ぶ必要があったり、

不純物のないものを選ぶ必要がありますが。

 

 

ココナッツオイルは食用油としても良し

お肌、髪へ塗布するも良し

素晴らしいオイルですね。

__________________

とは言っても、肌疲れにはやっぱり

良質な睡眠!!!!

 

 

 

 

 

これにまさるケアはないと思います。

ゆったりした気分で、ぐっすり眠ること

どんなアイテムよりもその効果は絶大です。

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*