【美肌食材】塩麴レシピ

こんにちは!

HaHaGu古川幸子です。

                                                                                                            

最近は夕方にプライドというドラマが再放送されていました。

このドラマは、私が旦那さんと付き合っていた頃に放送されていたもの。

木村拓哉さんと竹内結子さん主演。

                                                                                                             

アイスホッケーをするキムタクと、OLの竹内結子さんの恋愛ドラマ。

旦那さんがアイスホッケーをしていたこともあって、(していただけで?)旦那さんはキムタクに、私は竹内結子に自分達をなぞらえて当時ドラマを毎週マンガ喫茶で二人で見ていました。

                                                                                                             

思い返すと恥ずかしい思い出ですね。

とても痛いバカップルでした(笑)

                                                                                                                        

本題です。

「幸子さんが美肌のために続けている食習慣はなんですか?」と聞かれたら間違いなく、「麹」と答えます。

                                                                                

甘酒も大好きですが、今日はお夕飯にいつも大活躍している塩麴のお話をしたいと思います。

塩麴レシピ

~用意するもの~

生麹

生麹に対して35%の塩(生麹が500gであれば175g)

ひたひたになる位の水

以上です。

                                                                                       

とてもシンプルな材料で簡単に作れますが、とっても役立ちます。

私が使っている生麹はマルカワ味噌さんのもの。

お塩は奈美さんの宙か、ホッティーさんのお塩

                                                                                                                                             

私は毎回麹500gで作っています。

1.まず麹はしばらく常温においておきます。

2.容器(煮沸消毒とかはしてません)に麹と塩を入れる。

3.手で麹と塩をすり合わせる。

こうすることで、麹に塩による傷ができて、美味しい塩麹になります。

4.水をひたひたに注ぎます。(あまり冷たすぎる水よりぬるい方が◎)

5.しばらくして麹が水を吸ったら、またひたひたの水を入れます。

6.かき混ぜます。あとは毎日一度かき混ぜます。

                                                                                                           

塩麴1日目

最初はこんな感じですが、日が経つにつれて、発酵が進んできます。

夏は4,5日もすれば、美味しい塩麴に。

冬は10日~2週間ほどかかります。

                                                                                                                      

塩麴10日後

こんな感じでどろっとして、お米の粒があまり見えなくなったら完成です。

  

                                                                                                                        

塩麴は私が夕食を作るときは欠かせない必須アイテム。

                                                                                  

炒め物をしたり、スープを作ったり。ドレッシングにしたり。

お肉やお魚をつけておいて焼いたり。ハンバーグの種に混ぜ込んだり。

(何か他にだしや味を足さなくても、塩麴の味だけでとっても美味しいです。)

塩麴鍋も本当美味しい。

                                                                                                                   

難しかったり、手間がかかりすぎたり、コストがかかりすぎたりしては続けられないけれど、塩麴はずぼらな私でもずっと続いています。

                                                                               

コウジ酸、酵素、ミネラル、ビタミン

それはそれは美肌にも健康にもいいとされている成分がてんこもり。

                                                                                  

市販でも沢山売られていますが、ぜひ自家製の塩麴作ってみてください。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*