「キュキュット」の再来。手荒れを防ぐには。

こんにちは!!

ダイアモンドスキンを育む

育肌セラピスト 古川幸子です。

 

 

 

私は肌のことを意識し始めてから、

食器を洗う洗剤にもこだわるようになり、

長い間市販のいわゆるキュキュットや、

ママレモン(古い!?)的なものは

使わなくなりました。

 

 

 

 

それまで、主婦湿疹で手がいつも

荒れていて、痒くてステロイドを

塗っていたのも、

使うのをやめてから全く

出ていません。

 

 

 

我が家からキュキュットが消えてから

8年近く経ちましたが、

またまた再来の日がやってきました。

最近は次女がお手伝いを

そっせんしてやってくれるように

なって、お皿洗いも大好き。

 

 

 

 

そして、車屋さんでいただいた

キュキュットを使いたいと

言ってきました。

(今までは頂いても、どなたかに

差し上げてました。)

 

 

 

でも、次女はどうしても

使いたいと言ったので、

子供用の水仕事用手袋を

購入して

「これをつけたらいいよ」

と手袋をして洗うことを

条件にしました。

 

 

 

 

「どうしてキュキュットは

手袋しなくちゃいけないの?」

と言われましたが、

 

 

 

「キュキュットは洗う力が

強くて、手の肌が痛くなっちゃう

んだよ。」

と伝えたら、納得してました。

 

 

 

しばらくはそれで洗っていましたが、

やはり何かとめんどくさかった

ようで、元の食器洗いに戻ってました。

 

 

 

良かった。良かった。

「においが変」

とも感じたようです。

 

 

私も久しぶりにキュキュットの

香りをかぎましたが、すごく強く

不自然な香りがしました。

昔は何の違和感もなく使えていたん

ですけれども。

 

 

 

 

 

 

食器洗いって、女性にとっては

おそらく一生し続ける家事。

食器洗いをどのような

習慣で続けていきますか?

 

 

 

今は多くの手肌に優しく、地球環境

に優しい製品もたくさん出ています。

ぜひそれらをチョイスしてみて

ください。

 

 

ちなみにうちは

多目的洗剤 ココナツ

を使っています。

◆http://coco-bluesea.jp/SHOP/coco-4L-1.html

 

 

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*