hahagu

タグ

肌カウンセリング | 2021.06.27 更新

小さい頃からアトピー体質でした。

もともと、幼い頃からひどいアトピー体質。大人になって、良くはなっていたけど、決していい状態とは言えず、「肌の調子がもっと良くなればいいのに」という思いを持っていました。

そんな時に出会ったのが、幸子さん。あれは、クリスタルボールコンサートだったかな?会った瞬間から「すごい肌が綺麗な人だな」と思っていたんです。

アトピーだったこともあり、肌断食に近い考えを持っていたのもありますが、何よりも幸子さんの肌を見ると、その説得力が凄かった。

「これならやってみたい!」と、ほぼ迷う事なく即決。化粧水などを使わない生活をスタートさせることに。

本当に綺麗になれるのかな?

迷わずにはじめたといっても、やっぱり不安はありました。

「幸子さんだからできたんじゃない?」
「もともと、綺麗だったんじゃないの?」

そんな思いがあって、「私が同じことをやったとしても、本当に綺麗になるなんて無理じゃない…?」という漠然とした不安も抱えていたんです。

ただ、それは試してみない理由にはならないじゃないですか。ちょっとずつやってみて効果がないのは嫌だから、どうせなら勢いよく「えいっ!」ってやっちゃおうかなって(笑)

小さいけど、確かな変化。

はじめてすぐに、大きな変化というのはなかったです。ただ、「やめたことでダメージが出る人もいる」と聞いていたけど、思ったより好転反応もなくて安心しました。

アトピーを経験すると、肌がダメージを受けるんです。乾燥がすごかったり、毛穴が開いちゃって、すごい気になっていました。

hahaguをはじめてからも、毎日鏡でチェックしていたんですが、毛穴が小さくなっていったんです。たぶん、これが最初に感じた変化かな?

今まで毛穴に詰まっていた白いものが、無くなっていったんです。あとは、肌が全体的に白くなっていくのも感じていました。

今感じていることを率直に。

私もまだまだ試してる途中ですが、「頑張ったら結果が出る」というのが、必ずしもすべてだったとは言えません。

ただ、自分の体を信じてあげること。身体が良くなろうとする力を信じてあげることは大切だなって思うんです。

「お顔の化粧品をやめて綺麗になれるんですよ」というのに興味を持つだけじゃなくて、食生活とか心持ちにも意識を向けてあげると、変化が出やすいんじゃないかなって。

変えることってすごい大変なことだから、実感がないと辛いと思うんです。だからこそ、hahaguを始められる方には、化粧品だけじゃなく、自分の体との対話を大事にしてもらえたらいいなって思います。

代表からのメッセージ

鏡味さんは、考え方自体が、「身体の本来の力を信じて、発揮するか?」ということに向き合っておられた。だからこそ、私の話を信じてくれたことをすごく印象に残っています。ほとんどの方は、「そんなのは絶対無理でしょ!」と思われることが多いです。きっと、「身体を信じよう」とする、強い気持ちが肌にも表れていったんだと思っています。

タグ